婦人科

主な産婦人科診療

  • 子宮筋腫
  • 子宮内膜症
  • 卵巣嚢腫
  • 子宮内膜ポリープ
  • 骨盤臓器脱(子宮下垂)
  • 更年期症候群
  • 婦人科悪性疾患(子宮頸癌、子宮体癌、卵巣癌)
  • 不妊
  • 子宮がん検診
  • がん検診
  • ブライダルチェック
  • 中絶手術
  • 性感染症(クラミジア感染症、淋病、ヘルペス感染症、梅毒、尖圭コンジローマ、トリコモナス腟症、エイズ)
  • 不妊相談、妊娠できる体か知りたい
症状
  • おりものの匂い、かゆみ、色や量
  • 生理不順
  • 生理痛
  • 不正出血
  • 生理の量が多い、貧血
  • 生理をずらしたい
  • 腰痛、避妊(ピル、リング、アフターピル)中絶の相談
  • 生理前の体調の変化(月経前症候群:PMS)
  • 排尿時の症状
  • 外陰部の症状(痛みや腫れ、イボ)
  • 腟の違和感、下垂感
  • 更年期の症状(いらいら、ほてり、動悸、不眠、頭痛、肩こり、めまい、関節痛、冷え、不眠、憂うつ感、集中力の低下)

日帰り内視鏡手術(腹腔鏡下手術および子宮鏡下手術)、円錐切除術

腹腔鏡下手術腫瘍、腹腔鏡の専門医師による低侵襲手術を提供いたします。
低侵襲手術とは、体への負担が少なく、術後の回復が早い、早期社会復帰可能な手術のことです。
院長(婦人科腫瘍専門医、腹腔鏡技術認定医)と副院長(腹腔鏡技術認定医)の2名で手術をおこないます。

当クリニックでおこなっている手術

当クリニックでおこなっている手術スケジュールはこちら
  日帰り手術(子宮鏡下手術・円錐切除術)スケジュール(PDF)
  腹腔鏡下手術スケジュール(PDF)

円錐切除術 手術適応

  • 子宮頸部異形成
  • 初期子宮頸がん
子宮鏡・腹腔鏡下手術 手術適応

  • 子宮筋腫
  • 卵巣嚢腫
  • 子宮内膜ポリープ

実際の入院スケジュール

円錐切除術、子宮鏡下手術

  • 前日

    お食事は手術前日の22時まで可能です。

  • 当日 9:00

    手術当日は朝9時に入院していただきます。(手術開始時間により変わります)

  • 当日 午前

    飲水は手術予定の2時間前まで可能です。
    手術前に点滴をし、午後手術開始です。

  • 当日 午後

    手術が終了し、麻酔から覚めたら回復室で休んでいただきます。
    術後の血圧や脈の変動がないか、痛みの状況を観察し、問題なければご帰宅いただけます。
    (術後の回復時間は個人差がありますので観察時間は異なります)

腹腔鏡下手術

  • 前日

    お食事は手術前日の22時まで可能です。

  • 当日 9:00

    手術当日は朝9時に入院していただきます。(手術開始時間により変わります)

  • 当日 午前

    飲水は手術予定の2時間前まで可能です。(経口補水液を摂取していただきます)
    手術前に点滴をし、午後手術開始です。

  • 当日 午後

    手術が終了し、麻酔から覚めたら回復室で休んでいただきます。
    術後の血圧や脈の変動がないか、痛みの状況を観察します。
    (術後の回復時間は個人差がありますので観察時間は異なります)

  • 2~3日目

    翌日まで観察し、翌朝採血をおこない、朝食を召し上がっていただいたら午前中の退院となります。
    (手術内容により手術当日の退院、もしくは術後2−3日目退院の場合もあります)

傷の例

対象疾患、腫瘍の大きさ、位置などに合わせてお傷の数や位置も異なります。

  • お傷の例①
  • お傷の例②
  • お傷の例③
  • お傷の例④