受診予約をご希望の方はこちら あらかわレディースクリニック
公式Instagram
echo diary

あらかわレディースクリニック診療時間

診療時間は午前:9時-12時、午後は14時−17時となります。
※休診日:日曜・祝日

理事長挨拶

このたび医療法人社団静産会により、荒川区町屋に「あらかわレディースクリニック」を開業させていただくことになりました。
当院では「正常分娩のみならず、無痛分娩 帝王切開にも対応できる設備・マンパワーを備えた分娩センター」および「腹腔鏡手術を導入した低侵襲手術センター」を2本柱として静産会が培ってきた安全・安心な産婦人科医療を都民の皆様に提供させていただく所存です。

医療法人社団静産会 理事長 大橋涼太

院長挨拶

私は生粋の順天堂人として、順天堂大学の校訓である仁の精神で患者様の心に寄り添った医療を心がけてまいりました。
『仁』とは、自分本位に行動するのではなく、常に他人の気持ちを思いやり、理解し、敬う心です。

当クリニックにいらした患者様が満足して帰っていただけるよう丁寧かつ安全な診療を心がけてまいります。そのコンセプトの一つが産科麻酔を専門とした麻酔専門医による無痛分娩です。患者様のニーズに合わせた『無痛から和痛まで』の最適な麻酔方法をおこなっていきたいと思います。

また、当クリニックの特徴は通常の産婦人科外来診療、分娩だけでなく、低侵襲手術(腹腔鏡下・子宮鏡手術、円錐切除術)もおこなっております。私は海外の進んだ腹腔鏡手術の技術を学ぶべく台湾のChang Gung Memorial Hospitalへ留学をしてまいりました。日本産科婦人科学会が認定した腹腔鏡技術認定医※2名で手術をおこなっておりますので、安心して手術のご相談にいらしてください。治療には待機療法、薬物療法などもあり、手術が常にベストというわけではありません。手術が最良の治療かどうか、その方の背景や病状などを総合的に判断して、治療の選択肢を提示させていただきます。一緒に最適な治療法を考えていきましょう。

皆様のお越しをお待ちしています。

※腹腔鏡技術認定医:日本産科婦人科内視鏡学会が発足した,内視鏡外科医の資格審査機構で、技術認定の審査は書類審査とビデオ審査からなり,ビデオ審査は25評価項目で審査される。

院長 楠木 総司
医学博士
日本産科婦人科学会専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本婦人科腫瘍専門医
日本産科婦人科学会内視鏡技術認定医
日本性感染症学会認定医

副院長挨拶

私は産婦人科医として静岡県の大学病院、総合病院で周産期、婦人科腫瘍、不妊治療など多岐にわたる産婦人科診療に携わってきました。今後も引き続き、多くの患者様に貢献できるよう精進してまいりたいと思います。よろしくお願いいたします。

副院長 川西 智子 (前 藤枝市立総合病院 婦人科医長)
平成18年 浜松医科大学医学部卒業
日本産婦人科内視鏡学会技術認定医
日本産婦人科学会専門医・指導医
日本内視鏡外科学会技術認定医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
女性のヘルスケア、アドバイザー養成プログラム修了

クリニックの概要・アクセス

分娩 妊娠・出産だけでなく産後ケアによるお母さん、赤ちゃんのサポートもおこなっています。
当クリニックの分娩の特徴は、自然分娩を基本とし、バースプランをもとに皆さんの希望に沿ったお産を目指すように心がけています。ご家族立ち会いのもと、助産師が寄り添ったフリースタイル分娩を行うことも可能です。また、ご家族の同意のもと、早期母児接触(カンガルーケア)も実施していきます。分娩時にNCPR(新生児蘇生法)の認定を受けたスタッフが赤ちゃんの出生に立ち会います。

高性能機器を用いた専門検査士による胎児スクリーニング
また、妊婦健診では、妊娠20週・30週前後で日本超音波医学会認定超音波検査士による、胎児超音波スクリーニング検査をおこなっています。赤ちゃんの発育や、羊水量を測り、また形態的な異常がないかを的確に発見することで出生前後の管理や治療につなげることを目的としています。当院ではGE Healthcare社の超音波診断装置であるVoluson E8を用いて胎児スクリーニングをおこなっています。

3D/4D機能を搭載し、助産師外来(日本超音波医学会認定超音波検査士が同席します)でご覧いただき、無料で4D写真をお渡ししています。

順天堂大学医学部附属順天堂医院とセミオープンシステムによる連携
また順天堂大学医学部附属順天堂医院とセミオープンシステムによる連携を行なっています。分娩は順天堂医院で、妊婦健診のみご希望の方もお気軽にいらしてください。

新生児科との連携
東京女子医大東医療センターNICUより、新生児科専門医師に回診・産後検診にきていただいています。ベビーの状態を診察し、異常がないかチエックしています。

助産師による産前・産後のケア
1.助産師外来
妊娠中より助産師外来を通し、妊娠中のご相談や分娩のお話や、それぞれの妊婦さんの個別性を尊重したバースプランの立案を行います。助産師外来では、お母さんと赤ちゃんの愛着・絆の形成を目的として4Dの画像で赤ちゃんの様子をご覧いただけます。

2.ヨガクラス
マタニティヨガのインストラクターの資格を有した助産師・看護師によるヨガクラスを開催します。マタニティヨガは、妊娠・出産に向けたからだづくりや分娩時の呼吸法の習得にも有用といわれています。ご興味のある方はお問い合わせをお待ちしております。

3.出産準備クラス
ご家族と出産や育児にむけた出産準備クラスに受講していただき、安心して出産・育児の準備ができるようお手伝いさせて頂きます。

4.ベビーマッサージ
赤ちゃんとのスキンシップ・コミュニケーションのひとつである、ベビーマッサージを体験することができます。生後2ヶ月からの赤ちゃんとママが対象です。

5.母乳育児相談
お産後、IBCLC(国際認定ラクテーションコンサルタント)による乳房トラブルや母乳育児のご相談などをさせて頂きます。(予約制)

6.産後ケア
お産後は、体調の変化や慣れない育児などにより、心身ともに負担が多く、お母さんにも十分な休息や育児の支援が必要です。産後ケアとは、出産後に十分なサポートが得られない方や、ゆっくりお休みしたい方、また授乳のサポートなどが必要なママと赤ちゃんに向けたサポートサービスです。以下のような場合にお勧め致します。

  • サポートが少なく、ほとんど一人で育児を行っている方。
  • 産後の体調に不安があり、もう少しゆっくり過ごしたい方。
  • おっぱいが張ってきたころに退院となり、授乳の方法がわからなく困っている方。
当院では、産後すぐから生後4ヶ月までの赤ちゃんとそのママ の利用が可能です。

分娩費用について(普通分娩、産後5日間入院の場合の基本費用です)
原則、全室個室で産後はゆっくり過ごしていただきます
・特別室(シャワー付き)  580,000円〜
・個室  550,000円〜
無痛分娩 安全な無痛分娩を提供するための診療体制を整えています。
無痛分娩管理者:楠木 総司
J-CIMELS 受講

麻酔担当医: 柏木邦友ほか
麻酔担当医は以下の技量を有しています。

・麻酔科専門医資格、麻酔科標榜医資格を有している
・硬膜外麻酔について 100 症例程度の経験を有する
・安全で確実な気管挿管の能力を有すること

患者様にお渡しする無痛分娩に関する標準的な説明文書は以下の通りです。
無痛分娩マニュアル、無痛分娩看護マニュアルを作成し、分娩に関連した急変時の体制、危機対応シュミレーションを年に1回実施します。
産婦人科外来 ■主な産婦人科診療
子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣嚢腫、子宮内膜ポリープ、骨盤臓器脱(子宮下垂)、更年期症候群、婦人科悪性疾患(子宮頸癌、子宮体癌、卵巣癌)、不妊、子宮がん検診、ブライダルチェック、
性感染症
 ・クラミジア感染症
 ・淋病
 ・ヘルペス感染症
 ・梅毒
 ・尖圭コンジローマ
 ・トリコモナス腟症
 ・エイズ

症状
 ・おりものの匂い、かゆみ、色や量
 ・生理不順
 ・生理痛
 ・不正出血
 ・生理の量が多い、貧血
 ・生理をずらしたい
 ・腰痛
 ・避妊(ピル、リング、アフターピル)、中絶の相談
 ・がん検診
 ・生理前の体調の変化(月経前症候群:PMS)
 ・排尿時の症状
 ・外陰部の症状(痛みや腫れ、イボ)
 ・腟の違和感、下垂感
 ・更年期の症状(いらいら、ほてり、動悸、不眠、頭痛、肩こり、めまい、関節痛、冷え、
  不眠、憂うつ感、集中力の低下)
 ・不妊相談、妊娠できる体か知りたい
 ・ブライダルチェック
内視鏡手術
(腹腔鏡下手術および子宮鏡手術)
日帰り内視鏡手術(腹腔鏡下手術および子宮鏡手術)、その他手術
腫瘍、腹腔鏡の専門医師による低侵襲手術を提供いたします。低侵襲手術とは、体の負担が少なく、術後回復の早い、早期社会復帰日可能な手術のことです。
院長(婦人科腫瘍専門医、腹腔鏡技術認定医)と副院長(腹腔鏡技術認定医)の2名で手術をおこないます。

子宮鏡・一部の腹腔鏡下手術
手術適応:
 ・子宮筋腫
 ・卵巣嚢腫
・子宮内膜ポリープ

円錐切除術
手術適応:
 ・宮頸部異形成
 ・初期子宮頸がん

※腹腔鏡下手術に関して、手術内容によっては退院が翌日以降になることもあります。
住所・連絡先 ■ あらかわレディースクリニック
住所:東京都荒川区町屋1丁目8番8号
電話番号:03-6807-8867
◎最寄り駅からのアクセス
・東京メトロ千代田線町屋駅 出口1 尾竹橋通り尾竹橋方面 徒歩5分
・京成線町屋駅 徒歩6分
・都電荒川線町屋駅 徒歩5分
▲ページのTOPへ